ED治療薬バイアグラ

ED治療薬バイアグラ/伝統のバイアグラを体験

ED治療薬バイアグラの特徴

 

ED治療薬バイアグラは、ED治療薬と言えば「バイアグラ」と言われるほどの認知度を持った薬です。

 

ED治療薬バイアグラが発売されてから、EDによりセックスを諦めていた世界の人々はまさに「希望の光」を得ることが出来ました。

 

ED治療薬バイアグラの効果は絶大で、服用後1時間もすれば硬い勃起が得られ、持続時間も5時間は続く驚異の効果を発揮します。

 

この事によって、ED治療薬バイアグラは瞬く間に世界中で使用されるようになり、認知度が一気に高くなりました。

 

ED治療薬バイアグラは米国の製薬会社ファイザーが製造販売し、日本では1999年から医療機関向けの販売がが始まりました。

 

ED治療薬バイアグラが日本で正式に販売される前に、狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用していた人(主に高齢者)が個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生したため、「バイアグラ」を使用して性行為をすると心臓に負担がかかり死亡するという根拠のないデマが飛んだこともありました。

 

ED治療薬バイアグラは、最初からED治療薬として開発されたのではなく、狭心症の治療薬として研究・開発が始まったんですが、被験者が与えられた試薬の残りを返却するのを渋ったことから、理由をただしたところ、被験者に陰茎の勃起を促進する作用が認められた事が判明したので、これを適応症としてバイアグラが発売されることとなったと言う逸話があります。

 

それまで、いろいろな事情からSEXをあきらめていた人たちにとって、「バイアグラ」はまさに「奇跡の薬」なんです。

 

ただし、「バイアグラ」は接触等の刺激によって勃起を促す薬なので「精力剤」ではありません。

 

ED治療薬バイアグラの効果は性交の1時間前に服用した場合5時間ほど持続します。

 

ED治療薬バイアグラの欠点と言えるのが、食事やお酒の影響を受けやすいことなんです。

 

確実な効果を生み出すためにも、空腹時の服用を心がけましょう。

 

ED治療薬バイアグラの特徴を次のページから詳しく説明していますのでご覧ください

 

ED治療薬バイアグラ通販

 

インターネットの普及で、ネット通販は急速に拡大しています。

 

ED治療薬もその性格上、通販に適した商品と言えるでしょう。

 

事実、「バイアグラ」の使用者の大半はクリニックでの処方ではなく、直接個人輸入代行業者から通販で購入しているのではないでしょうか。

 

 

薬事法の規定でも、個人が使用するために輸入した決められた量の医薬品は違法ではないんです。

 

ところが、その個人輸入を利用して「ニセモノ」の「バイアグラ」が大量に出回っているんです。

 

ある調査によると、市場に出回っている「バイアグラ」の60%が「ニセモノ」との結果もあるんです。

 

それでは、「ニセモノ」を掴まされないためにはどうしたら良いかということですが、正攻法はやはりクリニックで処方してもらうことでしょう。

 

いずれ通販を利用するにしても、最初だけは恥ずかしいかもしれませんが、泌尿科のクリニックで診察を受けてから処方してもらいましょう。

 

最近では、男性スタッフのみの専門外来もあるようなので、上手く利用すれば抵抗感は少ないと思います。

 

通販を利用して「正規品」を手に入れる方法は、このサイトでも紹介していますが、信頼のおける個人輸入代行業者を選ぶ事に尽きます。

 

信頼のおける個人輸入代行業者かどうか判断する方法として、タウンページ検索(http://itp.ne.jp/)を利用して登録があるかどうか調べたり、NTT104で住所、社名で電話番号案内されるかどうか確認するなどしてみることも必要でしょう。

 

ED治療薬バイアグラ副作用

 

ED治療薬バイアグラに限らず、ほかのED治療薬にも共通している副作用は「顔のほてり」「頭痛」「消化不良」などです。
また、光に敏感になる、色が変化してみえるなど、一時的に目に影響の現れる人もいるようです。

 

もともと「バイアグラ」は血管を拡張させる効果があるので、お酒を飲んだ時と同じように顔がほてって赤くなったり、頭が痛くなったりする事があるんです。

 

異常を感じたら、服用を中止してお医者さんに相談することがベストでしょう。

 

あまりひどくないようなら、薬の量を半分にして様子を見てみる方法もあります。

 

また、症状に応じては、市販の頭痛薬や整腸剤、鼻炎薬、風邪薬などと一緒に飲めば防げるでしょう。

 

副作用と言えるかどうかわかりませんが、「バイアグラ」服用後、4時間以上勃起が続く場合は、ペニスが損傷し勃起機能を失う恐れがあるので、お医者さんに連絡しましょう。

 

特に気を付けなければならないのは、ニトログリセリンなどの硝酸剤を使っている人

 

そのような人は絶対に「バイアグラ」は飲まないようにしてください。

 

血圧が危険なレベルまで下がってしまい、最悪は死亡の危険があります。

 

ED治療薬バイアグラは「男の自信を取り戻す」事が出来る素晴らしい薬ですが、若干の副作用もあります。

 

性行為自体、心臓に負担をかける事だということを自覚しつつ、上手に利用したいものですね。

 

 

ED治療薬バイアグラ・国産ジェネリック

 

2014年5月19日に厚生労働省の認可を得て、国産の「バイアグラジェネリック」が発売されました。

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

ただ、解禁されたからと言って人間の身体に少なからず影響を与える「医薬品」ですから、すぐに発売できる訳ではありません。

 

各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

国産バイアグラジェネリックの第一号は国内大手後発品メーカー「東和薬品株式会社」が、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類のバイアグラジェネリックの発売を開始しました。

 

「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で1錠1200円の価格で発売を開始ししました。

 

東和薬品と言えば、テレビで黒柳徹子さんがジェネリックの宣伝をしているので、見た事がある人も沢山いると思いますが、国産ジェネリック医薬品メーカーの大手企業です。

 

国産バイアグラジェネリックは、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から発売され、8月20日には「武田薬品株式会社」からも発売開始されました。

 

その後も、2014年10月頃には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場しました。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

参考までに、インターネット通販でインド製のバイアグラを購入すると100mg錠が1錠1970円ですから、50mg錠に換算すると半分の985円になりますから、国産品は若干高めという事になりますね。

 

さらに、インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」ですと、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円になります。

 

今からの選択は、国産ブランドの「安心感」を買うか、外国製の「割安感」を買うかが、購入判断の分かれ目になりそうですね。

 

ED治療薬バイアグラ・ザルティア

 

現在ed治療薬として、ジェネリック薬以外に発売されているのは、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類です。

 

この中で、シアリスの主成分はタダラフィルですが、このタダラフィルを主成分とする前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」が2014年1月に厚生労働省に認可されました。

 

厚生労働省に認可されたという事は、健康保険が使える薬という事です。

 

あくまでも、前立腺肥大症に伴う排尿障害の薬と言う位置づけになっています。

 

前立腺肥大症に伴う排尿障害は、主に50歳以上の男性に現れる疾患で、加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大することで、排尿に支障をきたす疾患です。

 

私も50歳代ですが、「尿に勢いがない」、「尿が出にくい」、「夜間に何度もトイレに起きる」などの前立腺肥大症に伴う排尿障害の症状がありますね。

 

さて、ここでザルティアとシアリスのタダラフィル含有量を比べてみましょう。

 

ザルティアは2.5mgと5mgです。

 

一方のシアリスは20mgなので、5mg錠でもザルティアの8倍の量のタダラフィルを含んでいることになります。

 

万が一、健康保険が使えるからと言って、シアリスの代わりにザルティアを使おうと考えたとしても、これだけ含有量が違えば、費用負担のメリットはないに等しくなりますよね。

 

また、病院の診察の際に「前立腺肥大」であるという主張しなくてはならないし、検査費用もかかってしまいます。

 

病院側でも、ザルティアを処方する際には、ed治療薬として使用されないための厳しいチェックをすると思います。

 

なので、ザルティアをed治療薬として流用する事は現実的ではないと言えます。

 

ED治療薬バイアグラ・アバナフィル

 

ED治療薬と言えば、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類が有名ですが、2012年4月にアメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可され販売開始となった「第四のED治療薬」があるんです。

 

商品名をステンドラ(Stendra)と言い、薬名はアバナフィル(Avanafil)です。

 

アバナフィルも他のED治療薬と同じくPDE5阻害薬に分類されています。

 

50mg錠100mg錠200mg錠の3種類の錠剤があり、使用は1日1回までです。

 

特徴は即効性があることで、レビトラに似た感じですが、性行為の15分前に飲めばよい事から「最速のED治療薬」と呼ばれることがあるようです。

 

このアバナフィルの開発については、面白いエピソードがあるんですね。

 

アバナフィルの開発は、はじめは日本の田辺製薬が開発していたんですが、なぜか2001年にアメリカのヴィーヴァス社に開発販売権を譲ってしまったという経緯があるんです。

 

そして、最終的にはアメリカのヴィーヴァス社が開発し販売する事になったんです。

 

なので、アバナフィルは日本の製薬技術も関わりを持っているという事になるんですね。

 

ステンドラについては、新しいED治療薬という事もあり、知名度と言う面では先に発売された3種類のED治療薬に負けている感じがしますね。

 

ただ、利用する方にしてみれば選択肢は沢山あった方が良い訳で、自分のライフスタイルに合ったED治療薬がより選びやすくなったとも言えますよね。

 

ED治療薬バイアグラ・インド

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、どこの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造する事が出来るようになりました。
日本の製薬メーカーも次々にバイアグラジェネリックを発売していますが、特許期限が満了する前からインターネットなどで、インド製のバイアグラジェネリックを購入する事が出来ました。

 

なぜインドは、特許が満了しないのにジェネリック薬を製造することができたんでしょうか。

 

インドには特許に関して、特例とも言える法律が存在していたからなんですね。

 

「1970年特許法」と呼ばれる法律で、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用したものでした。

 

簡単に言うと、インド国内において特許が切れていない薬でも合法的にジェネリックを作ることができたんですね。

 

当然欧米の製薬会社などは「1970年特許法」に強く反対していた事は、簡単に想像できますよね。

 

ところが、資金に余裕のない「国境なき医師団」などにとって、低価格のインド製ジェネリック薬は欠かせないものになっていました。

 

アフリカなどの発展途上国に対しても、インド製の高品質で低価格のジェネリック薬がなければ、国の医療制度自体が崩壊してしまうほどの影響力を持つようになったんです。

 

その後2005年からは外圧なども影響していると思いますが、「物質特許」制度を採用するようになったんですん。

 

そのため、インドの製薬会社は販路拡大のため、国外の製薬会社へのM&Aを進めるなど危機感を募らせています。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ